K-グランド

瓦廃材は、建築物の建て替えや増改築等により大量に発生しています。通常は安定型処分場に搬入され、埋め立てられていますが、その形状ゆえ埋め立て効率のいいものではありません。そこで当社では、この瓦廃材を粉砕して骨材として利用した透水性特殊舗装製品を開発。
それがK-グランドです。
自然にやさしい地下浸透型舗装としてリサイクルしています。照り返しが少なく滑りにくいために歩行感が良く、交通弱者であるお年寄りや子供、障害者にもやさしい舗装をぜひ利用ください。

リサイクルの可能性

舗装材としての特徴と活用例

瓦廃材を利用した製品には下記の特徴を有しています。瓦のあたたかな風合いがそのまま出た製品は、経年による脱色の心配もいりません。また多孔質な特質のため吸音性もよく、滑りにくく気持のいい歩行感が得られます。雨水の地下浸透型舗装として環境にもやさしく、用途としては歩道遊歩道、公園の園路、駐車場などに特に適しています。

特徴

  1. 透水性に優れている
  2. 滑らない
  3. 照り返しが少ない
  4. 軽量である
  5. 瓦の持つ自然色の風合いを生かせる
  6. 吸音性・音分散性にすぐれている

活用例

  • 歩道
  • 遊歩道
  • 公園の園路
  • 駐車場
  • 車庫
  • 洗車スペ−ス
  • 屋上庭園
  • 軟弱地盤の舗装材
  • 滑らないバリアフリ−舗装材(スロ−プ・歩道)

内装材としての特徴と活用例

特徴

  1. 音の吸音性に優れている
  2. 音の分散性に優れている

活用例

  • ホ−ル
  • 集会場
  • ロビ−の床
  • 壁タイル

特性

透水性

粉砕した瓦廃材の粒度や結合材の配合量を適切に定めることにより、高い透水性を実現。
目詰まりしにくい特性も備えています。

軽量

多孔質で比重の軽い瓦廃材をリサイクルした当製品は、砂や砂利を使用した従来品より軽量で取り扱いやすい点が特徴です。軽いということは、下層路体への重量負担を軽減できます。また、輸送や敷設の際の負担も軽くなるということで、作業性の高さも歓迎されます。

瓦廃材使用製品の比重比較
供試体 骨 材 結合材 成型品単位容積中の比重
(g/cm³)
K-グランド① 瓦廃材 セメント 1.80
K-グランド② 瓦廃材 樹脂 1.30
生コン 2.26

強度

歩道舗装や園路舗装、駐車場舗装に十分な強度が実現できています。

圧縮強度
供試体 骨 材 結合材 顔 料 材 齢 圧縮強度
K-グランド① 瓦廃材 セメント 28 14.3
K-グランド② 瓦廃材 樹脂 14

断熱性

瓦廃材による舗装は、熱伝導率が小さく、夏の照り返しの少ない、軽快な道路と言え、ヒ−トアイランド化の防止になります。

熱伝導率の比較
供試体 熱伝導率(kcal/h.m.C°)
K-グランド① 0.3167
K-グランド② 0.3006
比較例 0.9300

吸音性

瓦材自体が多孔質な上に、固化成形した製品の空隙の多さも手伝って、瓦廃材使用製品は吸音性にすぐれています。

K-グランド 舗装の施工基準

舗装の管理基準値
試験の種類 セメント固化   試験機関 参考基準値
(a)透水性 1000ml/15s以上 1000ml/15s以上 国土交通省
1000ml/15s以上
[実測値] (1443ml/15s) (1443ml/15s) エコシステム試験室
(b)塑性変形輪数   6,000回/mm以上 ホイ−ルトラッキング試験 アスフアルト舗装
4,000回/mm以上
[実測値]   (12,600回/mm) 世紀東急工業(株)関西試験所
(c)圧縮強度 12N/mm²以上   社内管理基準
3.15N/mm²
[実測値] (14.3N/mm²) (3.15N/mm²) 奈良県生コンクリ−ト工業組合
(d)曲げ強度 2.5N/mm²以上   軽交通用ポ−ラスコンクリ−ト
2.5N/mm²以上
[実測値] 2.65N/mm²以上 (2.19N/mm²) 奈良県生コンクリ−ト工業組合

PAGETOP